大手の車買取会社による査定額の減額と新人のスタッフ

車買取の会社の中には、大手の所も見られます。中には上場企業もありますね。
そのような会社の場合、たまに減額が発生する事がありますので注意が必要です。減額というのは、最初に伝えられた査定金額からの金額ダウンを指します。

新人の方は車の事故歴を見抜けない事も

具体的に申し上げれば、例えばある大手の買取店にて査定を受けて、そこで伝えられた金額が32万円だったとします。その金額に満足をした来店客は、その大手の買取店で車を売ることにしたとしましょう。よくあるパターンですね。
ところがその大手の買取店のスタッフから、後日電話がかかってくる事があります。事故歴を見つけたので、32万円ではなく25万円ならば買取可能です等と伝えられる事があるのです。
車の売り手からすれば、ちょっとそれはぬか喜びですね。せっかく32万という金額に喜んだにもかかわらず、それが7万円も下がってしまうのは悲しいでしょう。
ところでなぜ上記のような事態になってしまうかと申しますと、実は大手の買取店のスタッフのスキルの問題があるのです。というのもそのようなお店に在籍しているスタッフの中には、ちょっと新人の方もいらっしゃるのですね。勤続年数が浅い方の場合は、車の事故歴などを上手く見破れない事があるのです。もちろん事故歴などは、車の査定金額に大きく影響します。それで上記のような7万円のダウンが発生する事があるのですね。
ちなみにそのような減額が発生する確率は、比較的低いとは言われています。ですがごく稀に上記のような減額が起きる事もあるので、要注意ですね。

電話確認の際にベテランの方を指名する

しかし大手の会社のスタッフが、全て上記のような見落としを行うとは限りません。中にはかなりスキルがある査定士の方もいらっしゃるのですね。勤続年数が長いスタッフの場合は、やはり事故歴を見落とす確率も低い傾向があります。
つまり査定金額の減少が発生するかどうかは、その大手会社のスタッフの勤続年数に左右される一面もあるのですね。新人の方の場合は、ちょっと見落とし率も高い事が多い訳です。
ところで一括査定などを通じて出張に来てもらうとなると、もちろん大手業者と出張日時の打ち合わせなどを行う事になります。その際に電話で連絡を取り合う訳ですが、試しに大手の会社の電話担当の方に対して「出張訪問に来てくれる担当の方は、ベテランの方にする事はできますでしょうか」等と伝えてみるのも一法でしょう。柔軟に対応してくれるを大手業者であれば、ある程度熟練のスタッフを派遣してくれる事もあるからです。
プリウスを売却するなら